--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.08.02*Tue*

融けそう。

■暑い日が続きますね。

湿気が多くてイヤン。しかしクーラーの風に弱い人なので、ドライブも窓を開け放って車走らせています。虫が入ってこないのを願うばかりで。


■職場に新人が。

アタシが休みのときだけ入ることになったパートさんが増えた。いきなり一人で仕事をさせると店長が言い出した。仕事の内容も教えなきゃないのに、出勤する日を重ねないでどうすんだろう。誰が教えるんだ誰が。休日出勤しろっていう暗黙の了解なんだろうか。ええい知ったことか!
…と思ったけど、やっぱり不安そうにしていた彼女が可哀想なので、一日目だけは他の遣り残していた仕事もあったので午後から無料奉仕で出勤をする。出来る限りの範囲である程度教えた。最初から全部なんか覚えられないしねぇ…。とりあえず、コーヒーメーカーと電話応対と接客態度と、キッチン周りの事くらいの最低限の事だけは覚えてもらわんと大変。まったく上の考えは良く解らん…。二日目の本日は「大丈夫?解らない事あったら遠慮なく携帯鳴らしてくださいね?」という電話を入れてあげた。案の定テンパッてた模様。これで少しは落ち着いてくれたらいいんだけどな。

■ばあさん入院中。

この夏乗り切れるか解らん状態に。
1度目の入院の時と違って、再入院の今回は状況がガラリと変化。

1.一人で起き上がれなくなった。
2.入れ歯も使えなくなった。(入れても出てくる)
3.物が食べられなくなった。(胃に管を通した)
4.熱は37度~38度台をキープ。(一向に下がらん)
5.目を開ける事すら億劫だと言い出した。

箸を持つ事すら出来ないばあさん。寝顔を見てちょっと泣けた。


■母との会話。

母「この夏がいっぱいかなぁ」
娘「(母の元同僚も見舞いに来てもらって)皆に心配してもらって、ばあさん幸せだな」
母「幸せだったのかなぁ…。(寝てるばあさん眺めて)こんな細い体で、37歳で未亡人になって、3人の子供を女手一つで育てなきゃならなくなってさ。昼間はドカタ(工事現場で働く事)して、夜は縫い物、食堂のまかないさんとかもやってきてさ…。アンタ、37歳になってそれ出来る?」
娘「…うーん。きっついよねぇ…」


それでもアタシはね、ばあさん幸せだと思うのよ。
娘である母に毎日休むことなく介護されてさ。幸せだと思うよ。
母のその背中見て思うよ。
もしこの先、ばあさんと同じように母が倒れて入院して寝たきりになったら。母がばあさんにしてあげてるように、アタシ頑張ってちゃんと介護する。絶対そうする。言わないけど決めてるからね。


娘「(…という上記6行の心の声は言わず)ばあさん幸せだよ」
母「そうなのかな」
娘「うん」


こうやって思いは受け継がれていくもんなんだろうなぁ。
category : 日常雑談

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

冴子

  • Author:冴子
  • 性別は貴腐人。
    「細マッチョ」「眼鏡」「垂れ目」「犬猫」「関西弁」「和」等に多大なる反応を示します。
    現在兎と虎に大ハマリ中。

Monster Hunter


iTunes Weekly Chart

ブログ検索

メールフォーム

<< 名前 >>

<< メール >>

<< 件名 >>

<< 本文 >>

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

リンク

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © ■◇日常茶飯事◇■ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。